けがき作業、民間資格いろいろ、・・について

「けがき作業」

トースカン、ハイトゲージ、コンパス、ポンチなどの工具をつかって作業します。

鉄やアルミなど金属材料の表面に加工の目印をつける作業です。

引っかいて傷をつけるのですが、何回も往復するような引き方ではなく、一回のモーションでサッと決めるのが大事です。

状況に応じて工具を選んだり引き方を変えたりします。





「民間資格いろいろ」

仕事から趣味までいろいろな分野で様々な検定があります。

全国検定振興機構によると、2013年時点では、1163の検定試験があるそうです。

もしかしたらもっとありそうです。

そんな数ある資格にたいして、文部科学省は外部評価を行う指針を2017年に策定しました。

資格自体の評価ですね。






「帆布製品製造技能士」

帆布製品製造に関する技能検定です。

1級と2級の等級区分があります。

帆布とはとは平織りで織られた厚手の布のことです。

帆船の帆に使うための、厚手で丈夫な布として作られたのが始まりなんだとか。

現在ではカバン、靴、テントの天幕などにも使われているそうです。


JUGEMテーマ:ビジネス


精密器具製作作業、着付け技能士、・・について

「精密器具製作作業」

使う工作機械による技能検定ではなく、精密器具の製作についての技能検定です。

そのため、旋盤や、フライス盤、平面研削盤等の工作機械などを用いて、課題にあたります。

1級の場合は精密器具としてセンタ台を、2級の場合はダイヤルゲージスタンドを制限時間内に製作します。





「着付け技能士」

一般社団法人全日本着付け技能センターが試験にあたるんだとか。

2009年から技能検定の対象になりました。

和服の着付けについての技能検定です。

1級と2級があります。

着かただけじゃなく、たたみ方やそもそもの着物についての知識も大事です。

浴衣や訪問着、留袖に振袖など和服にも様々です。





「寝具製作技能士」

寝具製作についての技能検定です。

1級と2級の等級区分があります。

2級では掛けふとんを製作を行います。

1級では袖のついた寝具である、かいまきの製作を行います。

寝具といえば誰もが日常的に用いるものです。

生活に密接に関係のある技能といえるでしょうね。


JUGEMテーマ:ビジネス


マシニングセンタ作業、金融窓口サービス技能士、・・について

「マシニングセンタ作業」

いろいろな加工を1台でこなす数値制御工作機械についての技能検定です。

マシニングセンタの特徴として自動工具交換機能を持ちます。

登場は1958年のことで、いろいろな種類のものが登場しています。

技能検定では機械加工とともにプログラミングについてもその技能を試されます。






「金融窓口サービス技能士」

1級から3級までの等級区分があり、実務経験や実力に応じて選んで挑戦します。

テラー業務と、金融商品コンサルティング業務の2つの科目があります。

金融機関における事務処理や金融商品の販売などに携わる人たちの資格です。

金融商品の知識や説明・提案・事務力などが問われます。





「和裁技能士」

和裁に関する技能検定です。

和裁とは和服を制作することや、あるいはその技術のことを言います。

日本の伝統衣装だけに、大事にしていきたいものだと思います。

和服製作作業についての試験で1級と2級と3級があります。

それぞれ実力に応じて挑戦することになります。



JUGEMテーマ:ビジネス


数値制御ボール盤作業、知的財産管理技能士、・・について

「数値制御ボール盤作業」

穴あけ加工、ボーリング加工、タップ加工等を作業試験として行います。

その作業試験ではNCボール盤を使います。

プログラミングのスキルも必要なため、ペーパーテストに含まれています。

2級と1級があり、経験・実力に応じて選ぶことになります。

機械加工技能検定のひとつです。






「知的財産管理技能士」

知的財産管理についての技能検定です。

2008年に技能士に新たに追加された職種です。

気になるのは弁理士との違いですが、業務独占が認められる弁理士とは目的が違うようです。

所属する企業・団体の職員等が企業・団体内において知的財産に関する能力を発揮するための資格なんだとか。






「紳士服製造技能士」

紳士服製造に関する技能検定です。

紳士注文服製作作業、紳士既製服型紙製作作業、紳士既製服縫製作業、紳士既製服製造作業に分かれます。

それぞれ1級と2級の等級区分があります。

既製服のほうが主流だけに、注文服というとすごく高級なイメージがあるのでした。


JUGEMテーマ:ビジネス


数値制御フライス盤作業、FP技能士、・・について

「数値制御フライス盤作業」

コンピューターによる自動制御による機械加工の技能検定のひとつです。

数値制御するためには、プログラムの知識とスキルが必要です。

多くの技能検定同様に、2級と1級の等級が用意されていて、自分の技能に応じて挑戦できます。

作業試験ではNCフライス盤が使われます。






「FP技能士」

ファイナンシャルプランナーの技能を認定する資格です。

貯蓄・投資等のプランの立案・相談を行うのが仕事です。

職種には7種の選択作業があります。

等級区分も1級から3級まであり、経験や実力に応じて挑戦することになります。

等級が上がるほど合格率も低く難しい資格なのでした。





「婦人子供服製造技能士」

婦人子供服製造に関する技能検定です。

でもどうして婦人服と子供服を一緒にしているのでしょうか。

そこに業界の姿・特徴があらわれているみたいです。

試験では婦人子供注文服製作、婦人子供既製服製造、婦人子供既製服パターンメーキング、婦人子供既製服縫製から選ぶそうです。


JUGEMテーマ:ビジネス


数値制御旋盤作業、ピアノ調律技能士、・・について

「数値制御旋盤作業」

数値制御旋盤とは、コンピューターによる自動化された旋盤です。

操作にはプログラミングの知識も必要です。

NC旋盤とも呼ばれ、金属加工をさらに進めました。

機械加工技能士の一つとしてあり、等級は1級から3級まであります。

試験では実際にNC盤をつかった課題にも挑戦します。






「ピアノ調律技能士」

ピアノは誰もがしる楽器です。

あちこちにあるピアノですが、その調律はいったいどのようにしているのでしょうか。

ピアノの調律に関する技能検定があります。

ピアノの調律には一般のひとには識別できないような音の違いを理解する必要があるので、資格があるのは便利ですね。






「ニット製品製造技能士」

衣類などで欠かせないニット製品製造に関する技能検定です。

横編みニット製造作業、丸編みニット製造作業、靴下製造作業、横編みニット縫製作業、丸編みニット・たて編みニット縫製作業がありまっす。

それぞれ1級と2級の等級区分があるため、経験や実力に応じて受験します。



JUGEMテーマ:ビジネス


ボブ盤や歯切り盤作業、キャリア・コンサルティング技能士、・・について

「ボブ盤や歯切り盤作業」

機械加工技能検定には歯車をつくる機械加工もあります。

たとえばボブ盤作業は、ボブ盤を使った工程で技能検定を受けるのでした。

等級は1級と2級があるので実力に応じて選んで受験します。

歯車形削り盤作業や、かさ歯車歯切り盤作業もあり、それぞれの機械の作業で技能検定を受けます。






「キャリア・コンサルティング技能士」

特定非営利活動法人キャリア・コンサルティング協議会が実施しています。

厚生労働大臣が指定する指定試験機関です。

キャリア・コンサルティングに関する学科試験と実技試験に合格して得られる資格です。

ちなみに、学科試験と実技試験はそれぞれ単独で挑戦できる仕組みです。





「染色技能士」

染色に関する技能検定です。

糸浸染作業、型紙なせん作業、スクリーンなせん作業、染色補正作業、織物・ニット浸染作業に分かれます。

それぞれ1級と2級の等級区分があります。

染色技術も非常に重要な技術だけに、資格を持つことでのメリットもあります。

スキルアップの一環というだけではないみたい。


JUGEMテーマ:ビジネス


研削盤作業、ウェブデザイン技能士、・・について

「研削盤作業」

研削盤とは工作機械の一種です。

その作業は機械加工技能士の対象にもなっています。

円筒研削盤作業と心無し研削盤作業は、1級と2級があります。

平面研削盤作業は、さらに3級もあります。

経験や技能の熟練度に応じて等級を選びます。

研削盤というよりグラインダーといったほうが分かりやすいかな。






「ウェブデザイン技能士」

技能士のひとつであり、ウェブサイト(ホームページ)のデザインなどに関する技能を認定します。

等級区分が1級と2級、そして3級まであります。

3級には実務経験などは関係ないですが、2級と1級には受験用件として実務経験などがあるのでした。

デザインだけじゃなくネットについての知識も欠かせません。





「酒造技能士」

酒造に関する技能検定です。

1級と2級の等級区分があり、経験や実力に応じて挑戦します。

白米の精米やはぜ落ち、こうじ、酵母、もろみ、ろ過、きき酒などが試験内容に含まれています。

酒造というと日本の伝統的な文化も含んでいるようなイメージもありますが、試験とは関係するのかな。



JUGEMテーマ:ビジネス


中ぐり盤作業、フラワー装飾技能士、・・について

「中ぐり盤作業」

機械加工の技能検定の中に、横中ぐり盤作業と、ジグ中ぐり盤作業もあります。

中ぐり盤は工作機械の一つですが、いくつか種類があり、横中ぐり盤やジグ中ぐり盤の他にも、精密中ぐり盤などもあります。

技能検定には等級があり、1級と2級があるので、技能に合わせて受験することになります。






「フラワー装飾技能士」

1級、2級、3級の等級区分があります。

それぞれ、上級技能者、中級技能者、初級技能者としての位置づけです。

フラワー装飾に関する技能を認定する資格です。

この資格者はパーティーや、葬儀場などの装飾で活躍するのでした。

大きなものもあれば、花束など小さなものもあるのでした。






「みそ製造技能士」

昭和54年度後期から始まった技能検定だそうです。

みそ製造に関する技能検定です。

1級と2級があり、それぞれ実務経験が条件のひとつになっています。

2級は米みそ、麦みそ又は豆みそのうちから選べるが、1級は全てを対象とするようです。

それだけ広い知識と技能が必要なのでした。


JUGEMテーマ:ビジネス


ボール盤作業、商品装飾展示技能士、・・について

「ボール盤作業」

ボール盤による加工の種類としては、穴あけ加工、穴広げ加工、リーマ加工、タップ立て加工、座ぐり加工、中ぐり加工などがあります。

機械加工技能士として技術検定を受けるときには、ラジアルボール盤を用いるようです。

1級と2級の等級区分があります。

ボール盤は、卓上や直立など種々の種類があります。






「商品装飾展示技能士」

技能士とは何もモノづくりだけではありません。

たとえば販売に関わる技能を認定するものもあり、この資格は商品装飾展示に関する技能士です。

等級区分が1級、2級だけではなく3級もあります。

3級もある分、挑戦の敷居がやや低く、挑戦しやすい資格かもしれませんね。






「水産練り製品製造技能士」

生魚コースと冷凍すり身コースがあります。

1級と2級がある技能検定です。

魚肉練り製品といえば、かまぼこ、ちくわ、はんぺん、魚肉ソーセージなどいろいろあります。

土地に根差した商品も数多くあるのでした。

メジャーな食品についての資格だけに、挑戦し甲斐がありそうですね。


JUGEMテーマ:ビジネス

続きを読む >>

<< | 2/52PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

links

profile

お気に入り2

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM