産業車両整備技能士、確信犯的な特許侵害、・・について

「産業車両整備技能士」

フォークリフトなどの産業車両の整備に関する技能検定です。

荷物の運搬で主流のフォークリフトの整備は様々なところでニーズがあるので、重要な資格です。

等級は1級と2級があります。

名称独占資格なので誰でも名乗れる名称ではなく、取得することで仕事でのアピールにつながるのでした。





「確信犯的な特許侵害」

特許侵害を確信犯的に行う企業が問題になっているみたい。

さまざまな特許の組合せとなっているとき、特許が使用されていることに気づきにくいこともあるようです。

また特許侵害に気づいて訴訟を起こしても、侵害者の裁判に時間をかけて特許権者にあきらめさせる方向での戦い方に対処できないことも。





「ロープ加工技能士」

紐や針金などの細長い繊維または素線を、さらに縒り合わせたロープについてその加工に関する技能検定です。

等級には1級と2級があります。

例えば、2級の実技試験では、ワイヤロープを用いて、玉掛索及びショートスプライスによるエンドレス索を製作するそうです。


JUGEMテーマ:ビジネス




「模倣防止技術」

製品の技術を簡単に模倣されないようにする技術があります。

製品を分解して行われるリバースエンジニアリング対策です。

たとえば無理に解析すると妨害電波を出す装置を組み込んだリ。

あるいは分解すると製品が破損するような特殊なねじやワイヤを組み込んだリもあるそうです。






「アニメーター」

世界に知られる日本のお家芸とも言われるアニメ。

そのアニメを支えるのがアニメーターです。

まず動画マンを経て、そして原画マンで経験を積み、そこで評価されると作画監督へと続くそうです。

アニメ制作にコンピュータが使われるようになりCGも欠かすことができない要素です。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

links

profile

お気に入り2

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM