溶射技能士、デジタル苦手日本、・・について

「溶射技能士」

防食溶射作業、肉盛溶射作業の区分があります。

それぞれ単一等級の技能検定です。

溶射は溶射材と呼ばれる金属、セラミックス、プラスチック、サーメットなどを加熱して行われます。

溶解かそれに近い状態で吹き付ける表面処理法です。

近い資格に溶射管理士というのもあるので、チェックしたいです。






「デジタル苦手日本」

日本人がデジタル苦手なわけがないと思っていたけど、言われてみると思い当たるのでした。

たとえばFAX。

日本では現役のファクシミリも、アメリカではもう博物館の保管物的な位置づけなんだとか。

それだけ、デジタル通信の普及が日本では遅れているということなのかもしれないです。





「プラスチック成形技能士」

プラスチック形成に関する技能検定です。

圧縮成形作業、射出成形作業、インフレーション成形作業、ブロー成形作業に分かれます。

特級・1級・2級の区分があり、射出形成作業については3級もあります。

実も経験も必要とされ、自分の実力・経験に応じて選んで受験するのでした。


JUGEMテーマ:ビジネス




「免許と自動運転」

技術の進歩により実用化が視野に入ってきた自動運転について、日本は免許制度の検討が海外より動きが遅いのでした。

たとえば、米国では2012年以降で検討が始まっていたそうです。

2017年では33州が法律を導入したのでした。

免許制度の遅れが自動運転の足かせになる危惧もあるみたい。






「セルフマニピュレーション」

顔を触ったり、髪をいじったり、指を組んだりなど、自分の体を触る行為は、実は落ち着かなさのサインだったりします。

プレゼンテーションの際には注意したいです。

無意識のうちにやってしまっていることも多いです。

プレゼンを受ける側には、自信のなさや、やましさを連想させることもあるのでした。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

links

profile

お気に入り2

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM