めっき技能士、まずやってみろ、・・について

「めっき技能士」

溶融亜鉛めっき作業には1級と2級があります。

電気めっき作業には1級から3級まであります。

自分の技能や経験、レベルに応じたものを選んで受験します。

めっきは表面処理技術で、さまざまなシーンで必要とされる技能です。

客観的に技能を評価するのには便利な資格です。





「まずやってみろ」

「まずやってみろ」という丸投げ的な仕事のふられ方で育ってきた人も多いです。

ところがこのような日本企業的な育成は今では敬遠されることも。

仕事を振る側の人が、部下のスキルなどを考慮して割り振りすることが求められているのでした。

試行錯誤というのは現場からなくなっていくのかも。





「畳製作技能士」

日本の家には欠かすことができない畳の製作に関する技能検定です。

とはいえ、近頃は日本でもフローリングが増えて、畳の需要は昔ほどではないみたいです。

畳製作作業について1級と2級があります。

昔ほどではないにしても、日本の家屋に畳は外せないと思うので、重要な資格だと思います。


JUGEMテーマ:ビジネス




「副業を認める企業」

副業を禁止する企業が一般的な中で、副業を認める企業もあります。

人材育成の一環として活用する企業も出ているそうです。

2016年にはロート製薬が、2017年にはソフトバンクやDeNAなどが容認しています。

ちなみにサイボウズはもっと前ですし、ヤフーは創業時からのようです。





「笑いと心理」

相手との距離を縮める方法の一つに笑いがあります。

完璧すぎる人にはどうしても距離をとりがちです。

ちょっとしたミスや弱点などを出すことが親近感につながることもあります。

一緒に笑うことで、気持ちがぐっと近づくこともあります。

笑いは非常に重要なコミュニケーションです。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

links

profile

お気に入り2

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM