工場板金技能士、テレワーク、・・について

「工場板金技能士」

技能認定の国家資格のうち工場板金に関するものです。

工場板金にもいろいろなので、4つの区分があります。

それぞれ等級があり、自分のレベルや立場に応じて選んで受験します。

監督者や管理者は特級ですし、1級、2級があり、曲げ板金作業には3級もあります。

打出し板金作業、機械板金作業、数値制御タレットパンチプレス板金作業もあります。





「テレワーク」

勤労形態のひとつです。

インターネットなどを背景に浸透してきたようです。

時間や場所に制約を受けずに仕事をすることです。

どこでも仕事ができるということで、自由な感じがします。

しかし一方で、どこでも仕事をしないといけないという裏返しの意味から、長時間労働の原因になるかもしれないみたい。





「紙器・段ボール箱製造技能士」

印刷箱打抜き作業、印刷箱製箱作業、貼箱製造作業、段ボール箱製造作業、簡易箱製造作業などの区分があります。

それぞれに1級と2級の等級区分があります。

段ボールは当たり前すぎて、その製造について意識することってあまりないかもしれないですね。

そんな段ボール製造に関する資格です。



JUGEMテーマ:ビジネス




「悪質なクレーム」

消費者による悪質なクレームが問題になっています。

商品に不適合があったとき等での行き過ぎたクレームです。

長時間拘束するものや、繰り返しクレームを出すものなどがあります。

他にも暴言を吐いたり、暴力を使ったり。

あるいは、威嚇・脅迫するものもあるのでした。





「自己開示」

自己開示することで人間関係がスムーズになることもあるようです。

自分のことを話せる人だと、安心できるからでしょうか。

自分のことを隠す人はなかなか信頼できないものです。

隠すつもりがなくても、自ら開示してくれなければ、なかなか突っ込んで聞くことは難しいですからね。



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

links

profile

お気に入り2

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM