金型製作技能士、ビル設備管理技能士、・・について

「金型製作技能士」

製品製造の型である「金型」は、その製品の性能に大きくかかわります。

また生産性を考える上でも大事です。

そんな金型に関する技能検定です。

プレス金型、プラスチック成形用金型などの種類に応じて試験も分かれて行われます。

等級は1級と2級がそれぞれにあり、計画立案等に関する特級もあります。





「ビル設備管理技能士」

ビルの利用者が快適に安心して使い続けることを支える仕事をする人たちの資格です。

ビル設備管理職種に関する技能を認定します。

1級と2級があります。

試験実施主体は、社団法人全国ビルメンテナンス協会となっています。

保安警備やメンテナンスなどいろんな分野にわたるのでした。






「機械木工技能士」

機械木工に関する学科及び実技試験に合格することで得られる資格です。

1級と2級の等級区分があります。

試験では数値制御ルータ作業について試されます。

NC制御のルータ・マシンで製品をつくるための作業です。

プログラムシートやNCデータの作成なども行います。



JUGEMテーマ:ビジネス




「速読法いろいろ」

音読の癖から脱却することで、本を速くよめるようになるという速読法。

その方法はひとつだけではないみたい。

SRS速読法という方法もあるそうです。

読む速さだけに力点をおいていないんだとか。

手軽なトレーニングでできると聞くとすごく興味もわいてくるのでした。





「好意の返報性」

好意を持ってくれる人には、好意を抱きやすいものです。

逆に嫌われている人を、好きになるのは難しいものです。

つまり、好意を持ってもらいたい相手には、好意を持って接するほうがいいということです。

経験的に知っていることだと思いますが、ときどきは思い出したいことです。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

links

profile

お気に入り2

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM