鉄工技能士、弁護士費用の保険、・・について

「鉄工技能士」

構造物現図作業では、実技試験で鉄骨構造物の組立図作業を行っていきます。

他にも、曲げ成形・矯正作業や、構造物鉄工作業、製缶作業などの区分があります。

いずれにも等級区分として1級と2級があります。

経験や技能のレベルに応じて選んで受験します。

名称独占の国家資格です。





「弁護士費用の保険」

企業活動で発生した法的トラブルに対して、弁護士費用の保険というのがあります。

個人事業主や中小企業向けの保険です。

大企業だと顧問弁護士がいたり当たり前のものかもしれませんが、小さいところだとそこまで手が回りにくいですからね。

保険だと費用的にも安心です。






「建具製作技能士」

建具製作に関する技能士です。

木製建具手加工作業、木製建具機械加工作業、アルミ製室内建具製作作業の区分があります。

それぞれに1級と2級の等級区分もあります。

建具は戸や窓など家づくりに欠かせないものです。

この分野、過去をさかのぼると、サッシの登場が大きなインパクトを与えたのかもしれませんね。



JUGEMテーマ:ビジネス


金属プレス加工技能士、AIと士業、・・について

「金属プレス加工技能士」

金属材料の変形加工で、プレス機を使って加工します。

大きさや種類も様々で、あらゆる分野の製品に関係しています。

自動車やその部品はよく知られるところですが、精密機器や、建設用機器など実にさまざまです。

技能検定の等級は1級と2級があり、それぞれ経験や技能に応じて選んで受験します。






「AIと士業」

行政書士や税理士、弁理士、公認会計士、社会保険労務士、司法書士などの企業法務の士業。

AIで定型的な独占業務を奪われる恐れが高いと危険視されてます。

難関資格で、高いステータスの職業も含まれるため、職業選択に大きな影響を及ぼすのでした。

AIによる影響、見落とせないです。





「家具製作技能士」

家具製作に関する技能の検定です。

家具手加工作業、家具機械加工作業、いす張り作業などに分かれます。

それぞれに1級と2級があり、受験においては実力に応じた選択をします。

生活の中で非常に身近な家具についての資格だけに、知ってて損はないと思う。

どんな人たちが取得するのでしょうね。


JUGEMテーマ:ビジネス


金型製作技能士、ビル設備管理技能士、・・について

「金型製作技能士」

製品製造の型である「金型」は、その製品の性能に大きくかかわります。

また生産性を考える上でも大事です。

そんな金型に関する技能検定です。

プレス金型、プラスチック成形用金型などの種類に応じて試験も分かれて行われます。

等級は1級と2級がそれぞれにあり、計画立案等に関する特級もあります。





「ビル設備管理技能士」

ビルの利用者が快適に安心して使い続けることを支える仕事をする人たちの資格です。

ビル設備管理職種に関する技能を認定します。

1級と2級があります。

試験実施主体は、社団法人全国ビルメンテナンス協会となっています。

保安警備やメンテナンスなどいろんな分野にわたるのでした。






「機械木工技能士」

機械木工に関する学科及び実技試験に合格することで得られる資格です。

1級と2級の等級区分があります。

試験では数値制御ルータ作業について試されます。

NC制御のルータ・マシンで製品をつくるための作業です。

プログラムシートやNCデータの作成なども行います。



JUGEMテーマ:ビジネス


放電加工技能士、レストランサービス技能士、・・について

「放電加工技能士」

アーク放電によって被加工物表面の一部を除去する機械加工とされる放電加工の技能検定です。

使う加工機械に応じて試験も区別されます。

形彫り放電加工作業や、数値制御形彫り放電加工作業、ワイヤ放電加工作業などです。

等級があり、自分の技能に応じたレベルのものを選ぶ形になります。





「レストランサービス技能士」

1級から3級まである、技能士の一つです。

レストランサービスの技能を認定します。

レストランなどのウェイターやウェイトレスなどに関する資格です。

社団法人日本ホテル・レストランサービス技能協会が指定試験機関として実施します。

飲食サービスに関する数少ない国家資格です。





「木型製作技能士」

木型製作に関する技能士です。

木型とは、製品の外観の検討や機能の確認のためにつくられる原型のことです。

木でつくることで安く、しかも修正しながら検討できることを可能にしてます。

実際の価値を目にして、手で触ることでしか検討できないものもあるので、重要な仕事です。



JUGEMテーマ:ビジネス


工業彫刻作業、リユースの仕事、・・について

「工業彫刻作業」

彫刻というとなんだか芸術的な響きがあるけど、機械加工の技能検定のひとつです。

でももともとは工業彫刻技能士は機械加工とは別扱いだったそうです。

それが2008年に統合されたんだとか。

金属材料や透明アクリル板に課題の彫刻を平板彫刻機を用いて行う実技があります。





「リユースの仕事」

過剰在庫などのわけあり品を市場価格を壊さないように販売する仕事もリユース市場のようです。

普通は見向きもしないものだけど、実は見る人が見ればまだまだ価値があるというもの。

その相手を見つけて、商品をマッチングすることが仕事です。

リユースっておもしろいかも。





「布はく縫製技能士」

「ふはくほうせい」と読み、布はく縫製に関する技能士です。

ワイシャツ製造作業、ワーキングウェア製造作業、衛生白衣製造作業に分かれます。

それぞれ1級と2級があり、技能や経験に応じて選んで受験します。

「布はく」とは綿・麻・絹やその組み合わせによる布のことなんだそうです。


JUGEMテーマ:ビジネス


けがき作業、民間資格いろいろ、・・について

「けがき作業」

トースカン、ハイトゲージ、コンパス、ポンチなどの工具をつかって作業します。

鉄やアルミなど金属材料の表面に加工の目印をつける作業です。

引っかいて傷をつけるのですが、何回も往復するような引き方ではなく、一回のモーションでサッと決めるのが大事です。

状況に応じて工具を選んだり引き方を変えたりします。





「民間資格いろいろ」

仕事から趣味までいろいろな分野で様々な検定があります。

全国検定振興機構によると、2013年時点では、1163の検定試験があるそうです。

もしかしたらもっとありそうです。

そんな数ある資格にたいして、文部科学省は外部評価を行う指針を2017年に策定しました。

資格自体の評価ですね。






「帆布製品製造技能士」

帆布製品製造に関する技能検定です。

1級と2級の等級区分があります。

帆布とはとは平織りで織られた厚手の布のことです。

帆船の帆に使うための、厚手で丈夫な布として作られたのが始まりなんだとか。

現在ではカバン、靴、テントの天幕などにも使われているそうです。


JUGEMテーマ:ビジネス


精密器具製作作業、着付け技能士、・・について

「精密器具製作作業」

使う工作機械による技能検定ではなく、精密器具の製作についての技能検定です。

そのため、旋盤や、フライス盤、平面研削盤等の工作機械などを用いて、課題にあたります。

1級の場合は精密器具としてセンタ台を、2級の場合はダイヤルゲージスタンドを制限時間内に製作します。





「着付け技能士」

一般社団法人全日本着付け技能センターが試験にあたるんだとか。

2009年から技能検定の対象になりました。

和服の着付けについての技能検定です。

1級と2級があります。

着かただけじゃなく、たたみ方やそもそもの着物についての知識も大事です。

浴衣や訪問着、留袖に振袖など和服にも様々です。





「寝具製作技能士」

寝具製作についての技能検定です。

1級と2級の等級区分があります。

2級では掛けふとんを製作を行います。

1級では袖のついた寝具である、かいまきの製作を行います。

寝具といえば誰もが日常的に用いるものです。

生活に密接に関係のある技能といえるでしょうね。


JUGEMテーマ:ビジネス


マシニングセンタ作業、金融窓口サービス技能士、・・について

「マシニングセンタ作業」

いろいろな加工を1台でこなす数値制御工作機械についての技能検定です。

マシニングセンタの特徴として自動工具交換機能を持ちます。

登場は1958年のことで、いろいろな種類のものが登場しています。

技能検定では機械加工とともにプログラミングについてもその技能を試されます。






「金融窓口サービス技能士」

1級から3級までの等級区分があり、実務経験や実力に応じて選んで挑戦します。

テラー業務と、金融商品コンサルティング業務の2つの科目があります。

金融機関における事務処理や金融商品の販売などに携わる人たちの資格です。

金融商品の知識や説明・提案・事務力などが問われます。





「和裁技能士」

和裁に関する技能検定です。

和裁とは和服を制作することや、あるいはその技術のことを言います。

日本の伝統衣装だけに、大事にしていきたいものだと思います。

和服製作作業についての試験で1級と2級と3級があります。

それぞれ実力に応じて挑戦することになります。



JUGEMテーマ:ビジネス


数値制御ボール盤作業、知的財産管理技能士、・・について

「数値制御ボール盤作業」

穴あけ加工、ボーリング加工、タップ加工等を作業試験として行います。

その作業試験ではNCボール盤を使います。

プログラミングのスキルも必要なため、ペーパーテストに含まれています。

2級と1級があり、経験・実力に応じて選ぶことになります。

機械加工技能検定のひとつです。






「知的財産管理技能士」

知的財産管理についての技能検定です。

2008年に技能士に新たに追加された職種です。

気になるのは弁理士との違いですが、業務独占が認められる弁理士とは目的が違うようです。

所属する企業・団体の職員等が企業・団体内において知的財産に関する能力を発揮するための資格なんだとか。






「紳士服製造技能士」

紳士服製造に関する技能検定です。

紳士注文服製作作業、紳士既製服型紙製作作業、紳士既製服縫製作業、紳士既製服製造作業に分かれます。

それぞれ1級と2級の等級区分があります。

既製服のほうが主流だけに、注文服というとすごく高級なイメージがあるのでした。


JUGEMテーマ:ビジネス


数値制御フライス盤作業、FP技能士、・・について

「数値制御フライス盤作業」

コンピューターによる自動制御による機械加工の技能検定のひとつです。

数値制御するためには、プログラムの知識とスキルが必要です。

多くの技能検定同様に、2級と1級の等級が用意されていて、自分の技能に応じて挑戦できます。

作業試験ではNCフライス盤が使われます。






「FP技能士」

ファイナンシャルプランナーの技能を認定する資格です。

貯蓄・投資等のプランの立案・相談を行うのが仕事です。

職種には7種の選択作業があります。

等級区分も1級から3級まであり、経験や実力に応じて挑戦することになります。

等級が上がるほど合格率も低く難しい資格なのでした。





「婦人子供服製造技能士」

婦人子供服製造に関する技能検定です。

でもどうして婦人服と子供服を一緒にしているのでしょうか。

そこに業界の姿・特徴があらわれているみたいです。

試験では婦人子供注文服製作、婦人子供既製服製造、婦人子供既製服パターンメーキング、婦人子供既製服縫製から選ぶそうです。


JUGEMテーマ:ビジネス

続きを読む >>

| 1/51PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

links

profile

お気に入り2

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM