ブローチ盤作業、産業洗浄技能士、・・について

「ブローチ盤作業」

長尺の刃物を引き抜く事で加工する切削加工の機械であるブローチ盤。

そのブローチ盤作業に関する機械加工技能士があります。

等級区分は1級と2級です。

繰り返し精度が高く、速度も速いので大量生産に向いているそうです。

ただし、汎用工作機械より高価とのことで、少量生産には向かないようです。






「産業洗浄技能士」

洗浄もまた産業には欠かせない技能ということで、産業洗浄に関する技能検定です。

人の手では簡単にできない洗浄も、高圧洗浄などの技能を用いることで可能になります。

なお試験では高圧洗浄作業と化学洗浄作業があります。

いずれも単一等級となっているのでした。






「ハム・ソーセージ・ベーコン製造技能士」

いずれも身近な肉を使った食品ですね。

その製造にかかわる技能検定です。

1級と2級の区別があります。

それぞれ経験や技能に応じて受験することになります。

ハムもソーセージもベーコンも味や評判で選ばれるものなので、技能検定はどれほどの影響力があるのかな。

製造者間での評価なのかな。



JUGEMテーマ:ビジネス


形削り盤作業、写真技能士、・・について

「形削り盤作業」

平面や溝加工をする工作機械に形削り盤というのがあり、それらの作業に対する機械加工技能士もあります。

形削り盤作業の他、立削り盤作業や、平削り盤作業などもあります。

ただ作業効率の問題で、フライス盤に代わられてきているようですが、工作物に与える熱が少ない特性から、重宝される場合もあるようです。





「写真技能士」

写真に関する技能を認定する資格です。

肖像写真作業があり、1級から3級まであり、それぞれ実力・経験に応じた受験をします。

写真撮影には、デジカメやスマホなども普及しています。

でも、写真屋さんで撮る写真もまだまだ健在ですね。

特に子供の記念日の写真などは多くの人が力を入れているのでした。





「製麺技能士」

製麺に関する学科及び実技試験に合格することで得られる資格です。

手延べそうめん類製造作業、機械生麺製造作業、機械乾麺製造作業の区分があります。

それぞれ単一等級です。

麺料理はおなじみであり、食材として面はメジャーなので、なにかと重宝しそうな資格ですね。



JUGEMテーマ:ビジネス


フライス盤作業、工業包装技能士、・・について

「フライス盤作業」

フライスという切削工具を回転させること工作物に切削加工を行うフライス盤です。

数ある工作機械の一つであり、機械加工技能士にもこの作業の資格があります。

等級区分は1級と2級があります。

主軸方向などにより、立フライス盤、横フライス盤、万能フライス盤などもあります。






「工業包装技能士」

包装とは、何かを包むことです。

工業包装は工業の工程のひとつです。

その工業包装についての技能を認定する資格です。

包装は、衝撃、温湿度、酸素、光、臭気、汚れ、傷などの要因から内容物が損なわれないようにする必要があります。

1級と2級の等級区分がある資格です。





「菓子製造技能士」

菓子製造に関しての知識や実技が試される試験です。

洋菓子製造作業、和菓子製造作業に分かれ、それぞれ1級と2級があります。

1級合格者には、職業訓練指導員 (パン・菓子科)の実技試験と学科試験の関連学科が免除されます。

2級合格者にも1級ほどではないですが優遇があります。


JUGEMテーマ:ビジネス


旋盤作業と技能士、舞台機構調整技能士、・・について

「旋盤作業と技能士」

旋盤を使う作業についての機械加工技能士には、いくつかあります。

普通旋盤作業、タレット旋盤作業、立旋盤作業などです。

それぞれ等級区分もあり実力や経験に応じて選んで受験します。

普通旋盤作業の1級には滑り止め等の用途に用いられるローレット加工などが含まれます。





「舞台機構調整技能士」

舞台機構の調整に必要な技能を認定する資格です。

あまり一般には知られていないような気がします。

音響機構調整作業には1級から3級までの等級区分があります。

それぞれ上級技能者、中級技能者、初級技能者の位置づけです。

作業試験では音響機器を用いてミキシングを行います。






「パン製造技能士」

パン製造に関する学科及び実技試験に合格して得られる技能検定です。

等級区分は2級、1級、特級です。

それぞれ中級技能者、上級技能者、管理者・監督者相当となります。

特級は工程管理、作業管理、品質管理、原価管理、安全衛生管理、作業指導及び設備管理について試験されます。


JUGEMテーマ:ビジネス


機械加工技能士、義肢・装具製作技能士、・・について

「機械加工技能士」

作業科目が非常に多く、それぞれに等級設定がされた機械加工にかかわる資格です。

実技と学科の試験があり、両方に合格する必要があります。

知識だけではだめということですね。

技術者の証明としては適切な資格と考えられます。

名称独占があるので、勝手に名乗ることもできませんしね。






「義肢・装具製作技能士」

義手や義足などの人工の手足のことを義肢といい、補助器具である装具とともに使用者の生活を支えます。

そんな義肢・装具の製作に関する技能検定があります。

試験は義肢製作作業と装具製作作業に分かれており、それぞれに1級と2級の等級区分があります。

実力に応じた挑戦となります。





「電気製図技能士」

配電盤・制御盤製図作業について1級から3級の等級区分があります。

電気製図では独自の記号を用いた製図も行われます。

また目には見えない電気についての設計なので、建築などの設計とは少し違った観点が必要です。

安全でしかもセンスのある機能的な製図ができる技能者になりたいです。


JUGEMテーマ:ビジネス


粉末冶金技能士、塗料調色技能士、・・について

「粉末冶金技能士」

粉末冶金に関する学科及び実技試験を受験し合格した者が名乗ることができる国家資格であり、名称独占資格です。

ハードディスクなどの小型モーター部品などでもこの方法による技能が使われており、非常に重要な技能の一つです。

等級区分があり1級と2級があります。






「塗料調色技能士」

塗料調色についての技能検定です。

技能検定の中では珍しく、単一等級となっています。

塗料は美装・保護を目的として行われるものです。

塗料だけじゃなく、対象となるものに対しての知識も大事ですね。

試験ではラッカーエナメル、合成樹脂調合ペイントなどで調色作業を行います。





「光学機器製造技能士」

光学ガラス研磨作業、光学機器組立て作業の区分があります。

望遠鏡や顕微鏡などの光学機器は、カメラや内視鏡など応用の範囲も広がっています。

技能検定はそれぞれの区分で1級と2級の等級区分があります。

経験や実力に応じた選択の上、挑戦することになります。


JUGEMテーマ:ビジネス


金属熱処理技能士、印章彫刻技能士、・・について

「金属熱処理技能士」

金属加工の一つである金属熱処理にかかわる国家資格です。

上級技能者としての1級、中級技能者としての2級に加え、監督者・管理者としての特級もあるそうです。

区分もあり、それぞれの試験が用意されています。

たとえば、一般熱処理作業、浸炭・浸炭窒化・窒化処理作業、高周波・炎熱処理作業などです。






「印章彫刻技能士」

大人になると日本人に欠かせなもののひとつにハンコがあります。

印章についての技能士がこの資格です。

木口彫刻作業と、ゴム印彫刻作業とに分かれます。

機能は同じでも素材によって技術は全く違うでしょうからね。

等級区分があり1級と2級があります。

実力に応じて選ぶのでした。






「自動販売機調整技能士」

自動販売機調整に関わる技能士です。

自動販売機はどこでも見かける当たり前のものですが、それを陰で支える技能者ということですね。

等級区分があり、1級、2級はそれぞれ上級技能者、中級技能者相当です。

管理者または監督者相当の特級もあります。

名称独占資格です。


JUGEMテーマ:ビジネス


鍛造技能士、化学分析技能士、・・について

「鍛造技能士」

金属製品を作る方法の一つです。

強度の強化と形の形成を行うための方法です。

技能士では自由鍛造作業、ハンマ型鍛造作業、プレス型鍛造作業の区分があります。

そしてそれぞれ経験や技能に応じて1級と2級のがあります。

名称独占資格なので、有資格者以外がこの名称を名乗ることはできません。





「化学分析技能士」

技能検定のうち化学分析についての認定試験です。

等級区分は1級と2級があります。

作業試験で課される定性分析や定量分析では、科学についての知識と微妙な操作の技量も必要です。

目の前の試料を試験によって調べるのってなんだか謎解きみたいな興奮がありますね。





「プリント配線板製造技能士」

「プリント配線板設計作業」と「プリント配線板製造作業」に区分されます。

等級には1級〜3級があり、上級技能者、中級技能者、初級技能者の区分となっています。

経験や技能に応じて選ぶことになります。

なおプリント配線は、製造業において非常に重要な工程の一つです。


JUGEMテーマ:ビジネス


鋳造技能士、ロープ加工技能士、・・について

「鋳造技能士」

鋳造は、金属などを融点より高温にして溶かして、型に流し込んで形成する加工方法です。

工業製品などの現場ではよく用いられる手法です。

そのため、その技能を認定する技能士もまた重要な資格と言えそうです。

鋳鋼、鋳鉄、銅合金、軽合金などで区分があり、等級も1級と2級、さらに特急があるものもあります。





「ロープ加工技能士」

ロープ加工に関する技能を、認定する資格です。

等級区分は1級と2級があります。

ロープは一般の人にもなじみのあるものですが、プロ仕様の使い方もけっこうあります。

たとえば1級では、ワイヤもっこの現寸図を作成して、ワイヤもっこを製作することが試験の課題となります。






「半導体製品製造技能士」

半導体製品製造に関する実技と学科の試験を合格して得られます。

「集積回路チップ製造作業」と「集積回路組立て作業」の区分があります。

等級も1級と2級があり、技能や経験に応じて選択します。

半導体は今の工業製品にはなくてはならないものですし、重要な資格ですね。



JUGEMテーマ:ビジネス


金属溶解技能士、園芸装飾技能士、・・について

「金属溶解技能士」

工業的には重要な技能の一つである金属溶解についての資格です。

金属溶解にはいろいろあるため、いくつかの区分に分かれます。

それは鋳鉄キュポラ溶解作業、鋳鋼誘導炉溶解作業、鋳鉄誘導炉溶解作業、鋳鋼アーク炉溶解作業、軽合金反射炉溶解作業です。

それぞれに固有の知識や技能を要するのでした。





「園芸装飾技能士」

室内園芸装飾作業などがあり、1級から3級まであります。

園芸に関する技能を認定する試験です。

趣味で園芸を楽しむ人は多いようですが、そういう人たちも挑戦したりするのかな。

園芸は生活に潤いを与えてくれるけど、なかなかつかみにくい部分もあるので、資格があるのはいいかも。





「電気機器組立て技能士」

電気機器組立てに関する技能検定です。

回転電機組立て作業、変圧器組立て作業、配電盤・制御盤組立て作業、開閉制御器具組立て作業、回転電機巻線製作作業、シーケンス制御作業などに分かれます。

等級は1級と2級があり、それぞれ上級又は中級技能者に相当します。


JUGEMテーマ:ビジネス

続きを読む >>

| 1/50PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

links

profile

お気に入り2

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM