陶磁器製造技能士、製本技能士、・・について

「陶磁器製造技能士」

日本の各地に名産地がある陶器や磁器の製造にかかわる技能検定です。

1級と2級の等級区分があり、技能や経験に応じて選ぶことになります。

「手ろくろ成形作業」、「機械ろくろ成形作業」、「鋳込み成形作業」、「絵付け作業」、「原型製作作業」にそれぞれ分かれています。






「製本技能士」

書籍の製作には欠かせない製本に関する技能検定です。

書籍といっても様々で、試験も書籍製本作業、雑誌製本作業、事務用品類製本作業があります。

それぞれ1級と2級があるので挑戦する際に自信の実力・経験を踏まえて選ぶことになります。

紙媒体はまだまだ重要です。






「電子機器組立て技能士」

電子機器組立てに関する技能検定のひとつです。

ちなみに技能オリンピックなども開催され、日本の企業も参加しているんだとか。

有線通信機器、無線通信機器、工業計測器、卓上電子計算機、テレビなどで重要です。

等級区分については1級から3級、さらに特級があります。



JUGEMテーマ:ビジネス


広告美術仕上げ技能士、印刷技能士、・・について

「広告美術仕上げ技能士」

広告といえば美術とは反対のものと思われていた時代もあったはず。

ところが、広告美術仕上げが国家資格の技能士の一つとなっています。

昔とは広告に対する考え方や向き合い方も違ってきているみたいです。

内容的には、広告面ペイント仕上げ作業、広告面粘着シート仕上げ作業、広告面プラスチック仕上げ作業で分かれます。






「印刷技能士」

チラシや本など様々な紙媒体に欠かせないの印刷の技術です。

その印刷についての技能検定です。

オフセット印刷作業、凸版印刷作業などがあります。

1級と2級があるので、実力や経験に応じて受験します。

印刷にかかわる技術の進展で、印刷にも多様化が進んでいるようです。





「電子回路接続技能士」

単一等級のみの技能検定であり、技能検定の中では等級区分がないのは珍しいです。

プリント配線板にはんだ付けで、プリント基板の組立を行います。

抵抗器、コンデンサ、トランジスタ等の電子回路用部品を接続していきます。

電子回路は趣味としても好きな人もいるようです。


JUGEMテーマ:ビジネス


路面標示施工技能士、製版技能士、・・について

「路面標示施工技能士」

道路交通法による表記などを路面に表示する仕事です。

溶融ペイントハンドマーカー工事作業と加熱ペイントマシンマーカー工事作業があり、資格では分かれます。

道路交通を安全に維持するためには欠かせない仕事の一つです。

この資格は技能検定の一つで、もちろん国家資格となります。






「製版技能士」

製版に関する技能士です。

DTP作業、電子製版CEPS作業、プロセス製版カラースキャナ作業、プロセス製版校正作業などがあります。

ほかにも、活版文選作業、活版植字作業、写真植字作業、電算写真植字作業。

さらに、単色写真製版作業、写真凸版製版作業、プロセス製版写真撮影作業、プロセス製版修整作業、プロセス製版焼付け作業など、多いですね。






「機械・プラント製図」

機械製図手書き作業には、1級か3級までの等級区分があります。

機械製図CAD作業とプラント配管製図作業は、1級と2級です。

機械やプラントの図面を描く技術者の技能を認定します。

それぞれ技能や経験に応じてどれを受験するか選びます。

1級から3級の位置づけは、上級技能者、中級技能者、初級技能者です。


JUGEMテーマ:ビジネス


塗装技能士、貴金属装身具製作技能士、・・について

「塗装技能士」

実技試験と学科試験の両方に合格して名乗ることができる名称独占資格です。

塗装といっても様々で、木工塗装、建築塗装、金属塗装、噴霧塗装、鋼橋塗装などに分かれます。

それぞれ等級区分があり、1級は上級技能者、2級は中級技能者として位置づけられます。

必要な実務経験もそれぞれの等級で異なります。





「貴金属装身具製作技能士」

貴金属装身具製作についての技能検定です。

ちなみに貴金属装身具製作技能士には、日本貴金属装身具製作技能士連合会という団体もあります。

ジュエリーについての専門家集団といったところでしょうか。

技能検定での等級区分は1級から3級になっています。

経験と実力に応じて選んで受験します。





「テクニカルイラストレーション」

技術的な情報を視覚的に伝えるためのテクニカルイラストレーションに関する技能検定です。

立体図作成作業と立体図仕上げ作業があり、1級と2級の等級区分となっています。

さらにテクニカルイラストレーション作業として3級もあります。

3Dや透視を用いて分かりやすく表現します。



JUGEMテーマ:ビジネス


ウェルポイント施工技能士、時計修理技能士、・・について

「ウェルポイント施工技能士」

地盤改良のうち脱水工法といわれる工法の一つです。

地盤に関わる工事なので一般の人が直接耳にする機会はほぼ無いと思いますが、工事の中ではすごく重要な工事です。

この資格にも1級と2級の区分があります。

井戸や地下水、地盤、ポンプなどに関する知識を必要とします。





「時計修理技能士」

昔から精密機械の代表みたいな時計です。

その時計の修理に関する技能を認定する資格です。

近頃は安い時計もありふれて、修理より買いなおしたほうがはやいことも多いです。

でも思い入れの強い大事な時計や、高級時計については修理して使い続けるものなので、修理の技能は大事なのでした。





「農業機械整備技能士」

トラクターや田植え機、コンバインなどの農業に欠かせない機械の整備についての技能検定です。

機械や電気回路などの知識と整備技術も要します。

1級と2級の等級区分があり、それぞれ上級技能者、中級技能者に相当します。

農業では欠かすことができない農業機械ですし、重要な仕事です。



JUGEMテーマ:ビジネス


ガラス施工技能士、強化プラスチック成形技能士、・・について

「ガラス施工技能士」

建築現場においてガラスは主要な資材の一つです。

ガラスがない建築現場ってなかなか無いでしょうね。

窓やドア・戸などではガラスが欠かせないですからね。

そんなガラスの加工や施工に関わる知識と技能が試される資格です。

名称独占資格なので資格者以外名乗ってはいけないのでした。






「強化プラスチック成形技能士」

軽くて強度が強く、腐食にも強い強化プラスチックは様々な用途があります。

そんな強化プラスチック成形についての技能を認定する資格です。

手積み積層成形作業、吹付け積層成形作業、積層防食作業のそれぞれに試験があり、等級もそれぞれ1級と2級があります。

実力に応じて挑戦します。






「建設機械整備技能士」

クレーンやショベルカーなど、建設現場で使われる大型機械の整備についての技能検定です。

建設機械は建設業では欠かせない機会ですので、その整備は重要です。

特級と1級から2級までの等級区分があります。

内燃機関及び油圧シリンダなどの分解、測定、調整及び組立てなどが試験で試されます。


JUGEMテーマ:ビジネス


バルコニー施工技能士、プラスチック成形技能士、・・について

「バルコニー施工技能士」

バルコニーのある家ってちょっと贅沢でおしゃれな感じがします。

外側の壁に張り出したちょっとしたスペースです。

窓部分に手すりとともについているものが思い浮かべられると思います。

屋根があるものをベランダといい、ないものがバルコニーなんだとか。

そんなバルコニー施工にも技能士があり、単一等級となっています。





「プラスチック成形技能士」

普段の生活の中で、日常的によく目にするプラスチック。

そのプラスチックの形成にかかわる技能検定があります。

試験では圧縮成形作業、射出成形作業、インフレーション成形作業、ブロー成形作業が分かれます。

それぞれに等級区分もあり、資格取得には実務経験も関係してきます。





「縫製機械整備技能士」

アパレル産業には欠かすことのできない機械です。

いわゆるミシンですね。

縫い方などいろいろある縫製機械に対応するための知識や技能を試す試験です。

等級区分は1級と2級に分かれ、経験や実力に応じて挑戦します。

職業訓練指導員 (縫製機械科)にもつながる資格です。



JUGEMテーマ:ビジネス


自動ドア施工技能士、表装技能士、・・について

「自動ドア施工技能士」

公共の場では自動ドアが当たり前となり、今では意識されることもないです。

そんな当たり前のインフラとなったものだけに、子供から老人までどんな人が利用しても安心して使えるものでなければならないです。

自動ドア施工の学科と実技に合格することで得られる資格で、1級と2級があります。






「表装技能士」

表具を仕立てる表装に関する技能士です。

ちなみに表装を職業とする人を、表具師や経師などといいます。

試験は、壁装作業と表具作業があります。

等級区分もあり、それぞれ1級と2級があるので、実力に応じた選択で挑戦します。

表装については表具工芸大学訓練校という学校もあるようです。





「油圧装置調整技能士」

油圧を使用して作動する装置のことを油圧装置と呼びます。

産業車両や農業機械、特殊車両などで多く使われる装置です。

この油圧装置調整に関わる技能検定がこの資格です。

1級と2級の等級区分があり、経験や実力に応じて選んで挑戦します。

油圧装置の据え付けなどを実技で行います。


JUGEMテーマ:ビジネス


サッシ施工技能士、畳製作技能士、・・について

「サッシ施工技能士」

ビル用サッシ施工作業について実技試験が行われます。

一般家庭のサッシの場合はあまり関係ないのかな。

でもサッシって一般の人にもわりと身近なので、理解されやすい資格だと思います。

等級区分があり1級と2級があります。

名称独占資格なので、資格者以外が名乗ることはできません。






「畳製作技能士」

畳製作に関する技能検定です。

畳といえば、日本の和室には欠かすことのできないものです。

でも近頃は和室がないフローリングの家も増えています。

そのため、昔ほど畳の存在感は大きくないのかもしれません。

部屋の広さも畳の数で表しますが、だんだんその基準も薄れていくのかな。






「空気圧装置組立て技能士」

技能検定の一つで、1級と2級の等級区分があります。

2級の試験では検出器の判定、減圧弁の分解と故障箇所の判定等が試されるそうです。

1級の試験では、空気圧シリンダの判定なども対象になります。

実力や経験に応じて選ぶことになります。

名称の表記には等級も示す必要があります。


JUGEMテーマ:ビジネス


カーテンウォール施工技能士、紙器・段ボール箱製造技能士、・・について

「カーテンウォール施工技能士」

建築構造上取り外し可能な壁のことをカーテンウォールといいます。

建物の荷重を直接負担しないので、ガラスなどでも大丈夫です。

実際ガラス張りのビルなどが代表的な建物といえるでしょう。

そのカーテンウォールの施工技術を認定する資格です。

等級区分があり1級と2級に分かれます。





「紙器・段ボール箱製造技能士」

日常いたるところで目にする段ボール。

これも製造する人がいるからこそのものです。

この段ボールの製造に関しても技能検定があります。

印刷箱打抜き作業、印刷箱製箱作業、貼箱製造作業、段ボール箱製造作業、簡易箱製造作業などに分かれ、それぞれ1級と2級があります。






「内燃機関組立て技能士」

内燃機関に関する技能検定です。

内燃機関といえばエンジンですが、ちなみにエンジンという言葉は、内燃機関だけでなくもう少し広い意味にも使われます。

試験は、量産形内燃機関組立て作業、非量産形内燃機関組立て作業、内燃機関組立て作業に分かれます。

それぞれ等級区分があります。



JUGEMテーマ:ビジネス

続きを読む >>

| 1/49PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

links

profile

お気に入り2

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM