金属ばね製造技能士、JIS認証取消し、・・について

「金属ばね製造技能士」

バネといえばおなじみの工業部品ですが、金属ばね製造にも技能検定があります。

等級区分もあり、技能や経験に応じて1級と2級を選んで挑戦します。

線ばね製造作業と、薄板ばね製造作業があります。

名称独占資格なので、技能検定の合格者以外は名乗ることができません。






「JIS認証取消し」

製品の調達にはJISなどの認証が条件となることがあり、JIS取り消しは営業上大きいな痛手となります。

JISとは工業製品などの仕様を定めたもので、製品の安全性を高めるためのもの。

その処分には「取り消し」のほか「一時停止」「是正措置」等があります。





「強化プラスチック成形技能士」

強化プラスチック成形に関する技能の検定です。

手積み積層成形作業、吹付け積層成形作業、積層防食作業に分かれます。

それぞれに1級と2級があり、経験や実力に応じて選んで挑戦します。

強度が強く、軽量で、腐食しないという強化プラスチックは非常に重要な素材のひとつです。


JUGEMテーマ:ビジネス


溶射技能士、デジタル苦手日本、・・について

「溶射技能士」

防食溶射作業、肉盛溶射作業の区分があります。

それぞれ単一等級の技能検定です。

溶射は溶射材と呼ばれる金属、セラミックス、プラスチック、サーメットなどを加熱して行われます。

溶解かそれに近い状態で吹き付ける表面処理法です。

近い資格に溶射管理士というのもあるので、チェックしたいです。






「デジタル苦手日本」

日本人がデジタル苦手なわけがないと思っていたけど、言われてみると思い当たるのでした。

たとえばFAX。

日本では現役のファクシミリも、アメリカではもう博物館の保管物的な位置づけなんだとか。

それだけ、デジタル通信の普及が日本では遅れているということなのかもしれないです。





「プラスチック成形技能士」

プラスチック形成に関する技能検定です。

圧縮成形作業、射出成形作業、インフレーション成形作業、ブロー成形作業に分かれます。

特級・1級・2級の区分があり、射出形成作業については3級もあります。

実も経験も必要とされ、自分の実力・経験に応じて選んで受験するのでした。


JUGEMテーマ:ビジネス


アルミニウム陽極酸化処理、ユーチューバー体験講座、・・について

「アルミニウム陽極酸化処理」

アルミニウム建材や電車・航空機の内装品、鍋・やかん・弁当など身近なところでも使われています。

アルマイトとも呼ばれます。

アルミニウム陽極酸化処理の技能検定は1級と2級の等級区分があります。

試験材の皮膜厚さ測定や、硫酸陽極酸化処理などの実技を受けるのでした。






「ユーチューバー体験講座」

小学生向けの動画作成講座があったりするようです。

ユーチューバーがあこがれの仕事のランキングの上位に入るようになったことを反映しているみたい。

リアクションとか、ブランディングとか、様々な視点で学習が行われるようです。

受講後は動画の見方も変わりそうです。





「表装技能士」

表装に関する技能検定です。

表装は表具を仕立てること。

表具とは巻物、掛軸、屏風、襖、衝立、額、画帖などです。

表装を職業としている人を、表具師または経師というそうです。

技能検定では、表具作業と壁装作業があり、それぞれ1級と2級があります。

それぞれの経験や技量に応じて挑戦します。


JUGEMテーマ:ビジネス


めっき技能士、まずやってみろ、・・について

「めっき技能士」

溶融亜鉛めっき作業には1級と2級があります。

電気めっき作業には1級から3級まであります。

自分の技能や経験、レベルに応じたものを選んで受験します。

めっきは表面処理技術で、さまざまなシーンで必要とされる技能です。

客観的に技能を評価するのには便利な資格です。





「まずやってみろ」

「まずやってみろ」という丸投げ的な仕事のふられ方で育ってきた人も多いです。

ところがこのような日本企業的な育成は今では敬遠されることも。

仕事を振る側の人が、部下のスキルなどを考慮して割り振りすることが求められているのでした。

試行錯誤というのは現場からなくなっていくのかも。





「畳製作技能士」

日本の家には欠かすことができない畳の製作に関する技能検定です。

とはいえ、近頃は日本でもフローリングが増えて、畳の需要は昔ほどではないみたいです。

畳製作作業について1級と2級があります。

昔ほどではないにしても、日本の家屋に畳は外せないと思うので、重要な資格だと思います。


JUGEMテーマ:ビジネス


工場板金技能士、テレワーク、・・について

「工場板金技能士」

技能認定の国家資格のうち工場板金に関するものです。

工場板金にもいろいろなので、4つの区分があります。

それぞれ等級があり、自分のレベルや立場に応じて選んで受験します。

監督者や管理者は特級ですし、1級、2級があり、曲げ板金作業には3級もあります。

打出し板金作業、機械板金作業、数値制御タレットパンチプレス板金作業もあります。





「テレワーク」

勤労形態のひとつです。

インターネットなどを背景に浸透してきたようです。

時間や場所に制約を受けずに仕事をすることです。

どこでも仕事ができるということで、自由な感じがします。

しかし一方で、どこでも仕事をしないといけないという裏返しの意味から、長時間労働の原因になるかもしれないみたい。





「紙器・段ボール箱製造技能士」

印刷箱打抜き作業、印刷箱製箱作業、貼箱製造作業、段ボール箱製造作業、簡易箱製造作業などの区分があります。

それぞれに1級と2級の等級区分があります。

段ボールは当たり前すぎて、その製造について意識することってあまりないかもしれないですね。

そんな段ボール製造に関する資格です。



JUGEMテーマ:ビジネス


鉄工技能士、弁護士費用の保険、・・について

「鉄工技能士」

構造物現図作業では、実技試験で鉄骨構造物の組立図作業を行っていきます。

他にも、曲げ成形・矯正作業や、構造物鉄工作業、製缶作業などの区分があります。

いずれにも等級区分として1級と2級があります。

経験や技能のレベルに応じて選んで受験します。

名称独占の国家資格です。





「弁護士費用の保険」

企業活動で発生した法的トラブルに対して、弁護士費用の保険というのがあります。

個人事業主や中小企業向けの保険です。

大企業だと顧問弁護士がいたり当たり前のものかもしれませんが、小さいところだとそこまで手が回りにくいですからね。

保険だと費用的にも安心です。






「建具製作技能士」

建具製作に関する技能士です。

木製建具手加工作業、木製建具機械加工作業、アルミ製室内建具製作作業の区分があります。

それぞれに1級と2級の等級区分もあります。

建具は戸や窓など家づくりに欠かせないものです。

この分野、過去をさかのぼると、サッシの登場が大きなインパクトを与えたのかもしれませんね。



JUGEMテーマ:ビジネス


金属プレス加工技能士、AIと士業、・・について

「金属プレス加工技能士」

金属材料の変形加工で、プレス機を使って加工します。

大きさや種類も様々で、あらゆる分野の製品に関係しています。

自動車やその部品はよく知られるところですが、精密機器や、建設用機器など実にさまざまです。

技能検定の等級は1級と2級があり、それぞれ経験や技能に応じて選んで受験します。






「AIと士業」

行政書士や税理士、弁理士、公認会計士、社会保険労務士、司法書士などの企業法務の士業。

AIで定型的な独占業務を奪われる恐れが高いと危険視されてます。

難関資格で、高いステータスの職業も含まれるため、職業選択に大きな影響を及ぼすのでした。

AIによる影響、見落とせないです。





「家具製作技能士」

家具製作に関する技能の検定です。

家具手加工作業、家具機械加工作業、いす張り作業などに分かれます。

それぞれに1級と2級があり、受験においては実力に応じた選択をします。

生活の中で非常に身近な家具についての資格だけに、知ってて損はないと思う。

どんな人たちが取得するのでしょうね。


JUGEMテーマ:ビジネス


金型製作技能士、ビル設備管理技能士、・・について

「金型製作技能士」

製品製造の型である「金型」は、その製品の性能に大きくかかわります。

また生産性を考える上でも大事です。

そんな金型に関する技能検定です。

プレス金型、プラスチック成形用金型などの種類に応じて試験も分かれて行われます。

等級は1級と2級がそれぞれにあり、計画立案等に関する特級もあります。





「ビル設備管理技能士」

ビルの利用者が快適に安心して使い続けることを支える仕事をする人たちの資格です。

ビル設備管理職種に関する技能を認定します。

1級と2級があります。

試験実施主体は、社団法人全国ビルメンテナンス協会となっています。

保安警備やメンテナンスなどいろんな分野にわたるのでした。






「機械木工技能士」

機械木工に関する学科及び実技試験に合格することで得られる資格です。

1級と2級の等級区分があります。

試験では数値制御ルータ作業について試されます。

NC制御のルータ・マシンで製品をつくるための作業です。

プログラムシートやNCデータの作成なども行います。



JUGEMテーマ:ビジネス


放電加工技能士、レストランサービス技能士、・・について

「放電加工技能士」

アーク放電によって被加工物表面の一部を除去する機械加工とされる放電加工の技能検定です。

使う加工機械に応じて試験も区別されます。

形彫り放電加工作業や、数値制御形彫り放電加工作業、ワイヤ放電加工作業などです。

等級があり、自分の技能に応じたレベルのものを選ぶ形になります。





「レストランサービス技能士」

1級から3級まである、技能士の一つです。

レストランサービスの技能を認定します。

レストランなどのウェイターやウェイトレスなどに関する資格です。

社団法人日本ホテル・レストランサービス技能協会が指定試験機関として実施します。

飲食サービスに関する数少ない国家資格です。





「木型製作技能士」

木型製作に関する技能士です。

木型とは、製品の外観の検討や機能の確認のためにつくられる原型のことです。

木でつくることで安く、しかも修正しながら検討できることを可能にしてます。

実際の価値を目にして、手で触ることでしか検討できないものもあるので、重要な仕事です。



JUGEMテーマ:ビジネス


工業彫刻作業、リユースの仕事、・・について

「工業彫刻作業」

彫刻というとなんだか芸術的な響きがあるけど、機械加工の技能検定のひとつです。

でももともとは工業彫刻技能士は機械加工とは別扱いだったそうです。

それが2008年に統合されたんだとか。

金属材料や透明アクリル板に課題の彫刻を平板彫刻機を用いて行う実技があります。





「リユースの仕事」

過剰在庫などのわけあり品を市場価格を壊さないように販売する仕事もリユース市場のようです。

普通は見向きもしないものだけど、実は見る人が見ればまだまだ価値があるというもの。

その相手を見つけて、商品をマッチングすることが仕事です。

リユースっておもしろいかも。





「布はく縫製技能士」

「ふはくほうせい」と読み、布はく縫製に関する技能士です。

ワイシャツ製造作業、ワーキングウェア製造作業、衛生白衣製造作業に分かれます。

それぞれ1級と2級があり、技能や経験に応じて選んで受験します。

「布はく」とは綿・麻・絹やその組み合わせによる布のことなんだそうです。


JUGEMテーマ:ビジネス

続きを読む >>

| 1/52PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

links

profile

お気に入り2

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM