サッシ施工技能士、畳製作技能士、・・について

「サッシ施工技能士」

ビル用サッシ施工作業について実技試験が行われます。

一般家庭のサッシの場合はあまり関係ないのかな。

でもサッシって一般の人にもわりと身近なので、理解されやすい資格だと思います。

等級区分があり1級と2級があります。

名称独占資格なので、資格者以外が名乗ることはできません。






「畳製作技能士」

畳製作に関する技能検定です。

畳といえば、日本の和室には欠かすことのできないものです。

でも近頃は和室がないフローリングの家も増えています。

そのため、昔ほど畳の存在感は大きくないのかもしれません。

部屋の広さも畳の数で表しますが、だんだんその基準も薄れていくのかな。






「空気圧装置組立て技能士」

技能検定の一つで、1級と2級の等級区分があります。

2級の試験では検出器の判定、減圧弁の分解と故障箇所の判定等が試されるそうです。

1級の試験では、空気圧シリンダの判定なども対象になります。

実力や経験に応じて選ぶことになります。

名称の表記には等級も示す必要があります。


JUGEMテーマ:ビジネス


カーテンウォール施工技能士、紙器・段ボール箱製造技能士、・・について

「カーテンウォール施工技能士」

建築構造上取り外し可能な壁のことをカーテンウォールといいます。

建物の荷重を直接負担しないので、ガラスなどでも大丈夫です。

実際ガラス張りのビルなどが代表的な建物といえるでしょう。

そのカーテンウォールの施工技術を認定する資格です。

等級区分があり1級と2級に分かれます。





「紙器・段ボール箱製造技能士」

日常いたるところで目にする段ボール。

これも製造する人がいるからこそのものです。

この段ボールの製造に関しても技能検定があります。

印刷箱打抜き作業、印刷箱製箱作業、貼箱製造作業、段ボール箱製造作業、簡易箱製造作業などに分かれ、それぞれ1級と2級があります。






「内燃機関組立て技能士」

内燃機関に関する技能検定です。

内燃機関といえばエンジンですが、ちなみにエンジンという言葉は、内燃機関だけでなくもう少し広い意味にも使われます。

試験は、量産形内燃機関組立て作業、非量産形内燃機関組立て作業、内燃機関組立て作業に分かれます。

それぞれ等級区分があります。



JUGEMテーマ:ビジネス


熱絶縁施工技能士、建具製作技能士、・・について

「熱絶縁施工技能士」

冷ましたくない熱を逃がさないように、熱したくないところに熱が入らないようにすることがエネルギーの無駄を防ぐことになります。

熱絶縁は機械や配管などに行われ、熱を効率的に利用するうえで欠かせないものです。

その技能を認定する資格がこの資格です。

等級区分が1級と2級に分かれ、受験の段階で選択することになります。






「建具製作技能士」

建具の製作に関する技能を公的に認定する国家資格です。

建具といえば、戸とか窓とかですね。

建物を構成する重要な部分です。

木製建具手加工作業、木製建具機械加工作業、アルミ製室内建具製作作業の区分があります。

等級は1級と2級です。

経験に応じて選んで挑戦するのでした。






「鉄道車両製造・整備技能士」

鉄道車両製造・整備に関する技能検定です。

機器ぎ装作業、内部ぎ装作業、配管ぎ装作業など区分が多いです。

このほか、電気ぎ装作業、鉄道車両現図作業、走行装置整備作業、原動機整備作業、鉄道車両点検・調整があります。

等級は1級と2級があり経験や実力に応じて選びます。


JUGEMテーマ:ビジネス


内装仕上げ施工技能士、家具製作技能士、・・について

「内装仕上げ施工技能士」

「プラスチック系床仕上げ工事作業」「鋼製下地工事作業」「ボード仕上げ工事作業」「カーテン工事作業」に分かれています。

それぞれ1級〜3級まであり、上級技能者、中級技能者、初級技能者に相当します。

名所独占資格で合格者以外は名乗ることができないです。

また、等級を明示することも要します。





「家具製作技能士」

日常的に身近な家具、その製作にかかわる技能検定です。

老若男女いろんな人がかかわるモノだけに注意するポイントも多そうです。

家具手加工作業、家具機械加工作業、いす張り作業の区分があります。

1級と2級がそれぞれにあるので、自分の経験や実力に応じて選ぶことになります。





「産業車両整備技能士」

産業車両整備に関する学科と実技試験に受かることで取得できる技能検定です。

1級と2級があります。

産業車両とはフォークリフトなどを指します。

フォークリフトはフォーク(つめ)をもった構造になっていて、パレットにそのフォークを差し込んで運搬するかたちの車両です。


JUGEMテーマ:ビジネス


樹脂接着剤注入施工技能士、機械木工技能士、・・について

「樹脂接着剤注入施工技能士」

エポキシ樹脂の注入作業とか、ひび割れ部への自動式低圧注入作業について検定されます。

技能検定の一つで、樹脂接着剤注入施工に関する認定が行われます。

なお等級については単一等級となっています。

名称独占資格なので、有資格者以外が名乗ることはできないです。





「機械木工技能士」

NCルータとは、数値制御(NC)のルータ・マシンのことで、木材をくり抜くために作られた機械です。

もともとは家具、楽器やスピーカ・ボックスの用途でした。

でも自動車のモデル加工や、航空機の部品加工への用途も広がっています。

そんな機械木工に関する技能検定です。






「機械保全技能士」

技能検定の一つですが、公益社団法人日本プラントメンテナンス協会が実施します。

2014年までは都道府県職業能力開発協会が行っていたそうです。

機械系保全作業・電気系保全作業・設備診断作業の3つがあります。

等級は1級から3級の他、1級取得後実務経験を積んで挑戦できる特級があります。



JUGEMテーマ:ビジネス


防水施工技能士、木型製作技能士、・・について

「防水施工技能士」

FRP防水、アスファルト防水、合成ゴム系シート防水、塩化ビニル系シート防水、改質アスファルトシートトーチ工法など種類があります。

このほかにも工法があります。

それぞれに技能を認定する資格です。

学科と実技試験を合格する必要がありますが、そもそも受験のためにも実務経験を要するため敷居は高いのでした。





「木型製作技能士」

木型(きがた)とは製品の外観を形作ることで、より詳細な検討を可能にするものです。

実物より早く安く形がつくれて、修正も楽なので、木でつくられることが多いそうです。

木型はモックアップともいわれるそうです。

この木型製作についての技能を検定する資格です。






「機械検査技能士」

機械検査に関する学科と実技試験をパスして得られる資格です。

機械の部品・作動機構の検査であり、幅広い内容となっています。

特級、一級〜三級の等級区分があり、それぞれ経験年数なども定められています。

試験では外側マイクロメータなどが使われます。

名称表示には等級も併せて表示する必要があります。


JUGEMテーマ:ビジネス


コンクリート圧送施工技能士、布はく縫製技能士、・・について

「コンクリート圧送施工技能士」

コンクリートポンプ車などを使ったコンクリート圧送施工はコンクリート構造物の建設に欠かせない技術です。

その技能検定が、この資格です。

1級と2級があり、それぞれ名称表示するときには明示することを要します。

名称独占資格なので、有資格者以外の者が名乗ることはできないです。





「布はく縫製技能士」

衣服や繊維製品に関した技能士の一つです。

布はくは、綿や麻、絹またはその組み合わせによる布のことなんだとか。

その布の縫製に関する技能検定です。

ワイシャツ製造作業、ワーキングウェア製造作業、衛生白衣製造作業があります。

それぞれ2級と1級があるのでした。





「金属材料試験技能士」

機械試験作業、組織試験作業に分かれ、それぞれに1級と2級があります。

機械試験作業では、引張試験、硬さ試験及び衝撃試験などの実技を行います。

組織試験作業では、顕微鏡組織試験、顕微鏡組織判定などの実技を行います。

素材となる金属を知る技術はすごく重要です。


JUGEMテーマ:ビジネス


鉄筋施工技能士、帆布製品製造技能士、・・について

「鉄筋施工技能士」

コンクリートは圧縮強度は強いけど、引っ張りやせん断には弱いという特徴があります。

その弱点を補強するために鉄筋が使われて、鉄筋コンクリートとして構造物を可能にしています。

つまり鉄筋施工は構造物の非常に重要な部分を担っています。

検定には1級と2級があり、それぞれ技能の程度を示します。





「帆布製品製造技能士」

綿や麻や亜麻で作られる、平織りで織られた厚手の布を帆布といいます。

その帆布製品製造に関する技能士です。

等級区分は1級と2級があります。

もともと帆布は、帆船の帆につかうために作られた丈夫な布なんだそうです。

油絵用のキャンバスや、テントの天幕、カバン、靴などにも使われるそうです。






「ダイカスト技能士」

ダイカストとは金型鋳造法のひとつです。

高い寸法精度の鋳物を短時間に大量に生産できるそうです。

そのダイカストの技能検定です。

「ホットチャンバダイカスト作業」、「コールドチャンバダイカスト作業」に分かれます。

1級と2級の等級があり、自分にあったものを選んで挑戦します。



JUGEMテーマ:ビジネス


型枠施工技能士、寝具製作技能士、・・について

「型枠施工技能士」

型枠工はコンクリートを使う建設現場に欠かせない工程です。

その型枠施工に関する技能検定です。

建設現場で見かける型枠といえば合板のものが多いですが、鋼製のものやアルミニウム、合成樹脂のものもあるようです。

型枠も調べてみるとけっこう奥が深いみたいです。





「寝具製作技能士」

布団などの寝具の製作に関する学科と実技による技能検定です。

誰もが必要とする寝具についての技能です。

等級区分が1級と2級に分かれています。

1級では掛けふとん、2級ではかいまきを製作するそうです。

袖のある寝具である、かいまきは難易度が高そうですね。





「切削工具研削技能士」

ドリル、バイト、フライスといった切削工具の研削に関する技能検定です。

工作機械用切削工具研削作業、超硬刃物研磨作業の区分があります。

それぞれ1級と2級があるので、自分の経験や実力に応じた試験を選ぶことになります。

万能工具研削盤を使った作業を行います。



JUGEMテーマ:ビジネス


厨房設備施工技能士、和裁技能士、・・について

「厨房設備施工技能士」

厨房はホテルやレストラン、喫茶店などの飲食店、スーパーマーケット・持ち帰り弁当店など業務用の調理施設です。

ガステーブルやシンク、作業台などの調理に直接かかわる設備や、ダクトなどの設備もあります。

そんな調理設備施工の専門であることを示す資格です。

資格には1級と2級の区分があります。






「和裁技能士」

和服には欠かせない和裁についての技能検定です。

日本の文化に欠かせない和服だけに、いつまでも残したい技術ですね。

試験は和服製作作業として、1級から3級までの等級区分があります。

和裁については和裁士という資格もあるようです。

いずれも技能を示すための資格のようです。





「仕上げ技能士」

手工具や工作機械による機械部品の仕上げと組立てについての技能検定です。

仕上げ技能士には1級から3級と特級の等級区分があります。

経験や技能に合わせて選ぶことになります。

ちなみに、治工具仕上げ作業、金型仕上げ作業、機械組立仕上げ作業などがあります。


JUGEMテーマ:ビジネス

続きを読む >>

| 1/48PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

links

profile

お気に入り2

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM